--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.04.21 22:29|そう
そう、2歳になりました。

あっという間の2歳。
あっと驚く成長の2歳。
あー♡と悶えるかわいい2歳。

ほんとうに、この子がいてくれる人生は素晴らしい。
ほんとうに、ほんとうに、二人がいる暮らしはカラフルで喜びに満ちあふれている。



生まれてきてくれてありがとう。


誕生日の朝はパンケーキタワー!
そうの好きなフルーツたっぷりで!!
スポンサーサイト
2013.11.24 16:25|そう
おれ、ソウ。

男なのだ。

だれに教わったわけでもなく、
電車や車、飛行機にヒーローが好きなんだ。

なんかさ、こう、惹かれちゃうんだよね。

IMG_5753.jpg

トーマスなんて持ってくるくせに、
目の前走ってきたりしたらもう大変。目が離せない。

散歩とかしててもさ、
そこに救急車とか現れたら興奮しちゃう。

特急なんてみたらもう叫んじゃう。

あ、消防車も最高。



そんな俺、こないだ蒸気機関車に乗ってきた。

IMG_5762.jpg

オヤジの膝の上で、機関車に揺られてきた。

いや~よかった。

汽笛がぽーっ!って鳴るの。
いや、ぼーーー!ってうるさいくらい。

かっこよかったな~。



*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


そんな、蒸気機関車体験記。
オトコ・ソウの気持ちになって語ってみました(笑)

O7RNySiIdRVPNk.jpg

去年はまだ赤ちゃんだったソウですが
今年はさすがに好みがハッキリしてきた。

クリスマスギフトはトーマスのお友達セットに決定です。



子育てスタイルに参加中♪

テーマ:男の子育児
ジャンル:育児

2013.10.27 09:44|そう
ソウ、土曜日の朝、突然吐いた。

金曜日はなかなか寝なかった。
寝つけなかった、が、正しかったと気づいたのはその時。

また夜泣きが始まったのかと思っていたら違った。
体調が悪かったんだね。


朝ごはんを少し食べたら大きなゲップともに少し吐いた。

どうも喉や口が不快なようで、
言葉が出ないなりにその不愉快さを行動で表してた。

痛い。
気持ち悪い。
落ち着かない。
なんだか変。。。

そんな息子の様子を見てあたしたちは小児科へ行く準備をした。

その直後、

ソウは大量に吐いた。

何度も何度も繰り返し吐いた。



::::::::::::::::::



これは翌朝、食欲も復活して元気につかみ食べを楽しんでいるところ。



よく見ると左手甲の絆創膏が痛々しい。

ソウ、点滴してきたよ。


こんな小さな手の甲に、針を指してがんばってきた。

ママから引き離され、
看護師に取り囲まれて施術されるのは
さぞかし不安だったろう。

心細かったろう。

怖かっただろうな。


あたし、涙が出そうになった。

遠くから聞こえる『ままー!マァマーー!』と泣きながらあたしを呼ぶ声。

たかが風邪からきた嘔吐。
たかが脱水対処の点滴。

そうとはわかっていても泣けちゃった…。

弱いわね、あたし。


点滴の効果でやっと眠れた息子。



ほんとによくがんばったね。


元気になって、本当によかった。



やっぱりソウはうるさいくらい元気じゃないとだめだよね!
今日も明日も、あさっても、
ママを困らせるくらい元気に暴れて笑顔を見せてね。
2013.10.19 15:07|そう
ソウっぺ、1歳半年間近ともなると
その成長ぶりで親らを驚かせてばかりなわけで。



かなり言葉を発するようになってきた。

「いたーきぁす!」
「ょーだい!」←ちょうだい、ね(笑)
「ご△○×▲た」←ごちそうさまでした、ね(笑)
「○だーま」←ただいま、ね(笑)

「ばいばーい」は完全に発音できてるし
TPOも使い分けてる。

ママ、パパ、ババ、ジジなんかもちゃんと呼べるようになった。

おはようとか、ごめんなさいとかも、まだゴニョゴニョだけれど
ちゃんと本人的に発してるし意味もわかってるぽい。

「わかった?」と、問いかけたときの
黙って大きく頷く「うん」とか「わーた!」がこれまたかわいい。



へっぴり腰で外をのぞく後ろ姿。
なんじゃい、そのかわいさは!!
お尻かじっちゃうぞ!
(子供ら、おしりかじり虫は大好き)

危なっかしいことももちろん増えてきてるよね。

扉の明け閉めで指を挟んだり、
網戸に突進したり(ハナは網戸から転げ落ちた経験あり←check it!)、
こないだなんか自宅マンション(7階)のベランダの隙間から
小さいおもちゃを落としてしまった。わざと。

危ない!

すぐに気がついてやめさせたし、指導したけれど…重いもの危ないものじゃなくてよかった。
下に誰もいなくてよかった。。。


ソウタロウは要領がいい。
叱ってもめげないし、そのかわし方もうまい。
笑ってごまかすとか、なかったことにしようとするのがうまい。

これまた愛嬌がよくて親としては拍子抜けするし許しそうになってしまうのだ。

でも、あたしは許さない。
1歳でもダメなことはダメだからね。

そうゆうときにちゃんと話し、言い聞かせると、
ソウはわかってくれる。(と、思う。思っている。)

こちらのいってることはほんとうによく理解している。
ものわかりもいい。

最近お気に入りなTOMASプラレール。
平日は時間がなくて(あたしに)遊んでやれない。
だけどもソウジロウは遊びたい。

『まーマ!まーマ!』と、プラレールを運んでくる彼にあたしは
『それはお休みのときにやろうね。今日はできないんだよ、ごめんね。』と返す。

するとソウジロウは黙ってプラレールを片付けるのだ。
その背中のまあなんとかわいらしいこと!

額に汗しながら片付けるのだ。

かわいい。
なんてかわいいんだろう。



オモチャのカメラで撮影中。
カメラを向けると独自のポーズをするようにもなったよ!

最近のブームはじぃじの『あらよっと!』という掛け声にあわせて
盆踊りみたいな?歌舞伎みたいな?ポーズをすること。

本人も周りも爆笑しながらやってるよ。

ムードメーカー、ソウゴロウ。
かわいすぎて困ってます(笑)
2013.10.09 17:15|そう
ソウさん、じぃじと楽しく遊んでます。
ここは食後のダイニング。



夕飯のしじみ味噌汁をゴクゴク飲み干し、貝の中身もほじくって食べていたソウ。

子供ってさ、けっこう味にうるさいんだよね。

だしの素で作った味噌汁よりも、
ちゃんとだしをとった味噌汁や
貝の旨味が出てる味噌汁が好きでよく飲んでくれる。

食べ終わったしじみの貝殻をあつめて
お椀に盛ったり、取り出したりする遊びに夢中な様子。

そんなほんわかあったかい夕食後の光景・・・
それが同じように見られると思っていたある晩、
予想外に起こった恐ろしい出来事を記しておく。








いつものようにしじみの味噌汁を堪能していた息子。
だし汁を美味しそうに喉を鳴らして飲み、
器に残されたしじみの貝殻から身をほじりだしては食べていた。

アタシはその姿を確認し、
隣にいたムスメの食事の手助けをしてやっていた。

その一瞬の隙に、恐ろしい出来事が起こった。

「×■☆△▼××○!」

ソウが言葉にならない言葉を発し、もがき苦しんでいる!


しじみの貝殻を飲み込んじゃった!!!


アタシも母(ばぁば)もとにかく必死だった。

ソウの背中を叩き、喉につまった貝殻を吐き出させるのに夢中だった。
何度も叩いてはソウの様子を確認し、ソウが嫌がろうがなんだろうが
とにかく何度も何度も叩いた。

なかなか出てこない!

泣き喚くソウを見てまたさらに気持ちはあせる。

大丈夫、泣いているということは呼吸ができる状態だということ。

とにかくしじみを取り出さなくては!

アタシはソウの足をもって逆さまにした。
腰を抱いてひっくり返しながら背中を叩き続けた。

そこに父(じぃじ)がやってきて「大丈夫!呼吸はできてる!大丈夫!!」と励ましながら介添えしてくれた。

母(ばぁば)はおろおろして救急車を呼べとか、走って医者に担ぎこめとか言っていた。

アタシはもう無我夢中でソウの背中を叩き続けた。
祈りながら。

それでもなかなかしじみは出てこない。
いや、出せないのだ。

まだ1歳半前の小さな子供には
異物を吐き出すということ自体がむずかしいのだ。

アタシはソウが『げほっ!』とむせた瞬間、
小さな口に(喉に、といったほうがいい)指をつっこんだ。

あ!あった!

アタシは指先に触れた貝殻をかきだした。
拒絶するソウが嫌がろうと、痛が
ろうと、アタシはその手を止めなかった。

結果、大人の親指先ほどの貝殻がアタシの手のひらに現れた。







もうねー、ほんと生きた心地がしなかったよ。

貝殻が出てきてから、アタシも母も腰が抜けたかのようにその場に座り込んだ。

・・・よかった。



正直、助け出そうとしているとき、最悪のことが頭をよぎった。
もしかしたら死んでしまうかもしれないと。
救急車を呼んでも助からない、病院に行くまでもたないかもしれない。
とにかく今、今、今なんとかしなくては!!

そればかり考えてたな。


息子もしばらくはショックだったのか、こわかったのか
アタシの腕から離れようとせず、しくしくと泣いていた。


よかったよ~(泣)








数日後、たまたま救命救急士と話す機会があったので
アタシは我が家に起こったできごとを話してみた。

どうしたらいいのか、どうすべきなのか。


もし万が一、このようなことがあった場合は
とにかく背中を叩いて吐き出させること。
ひっくり返してでも吐き出させること。

(電池や薬品など誤飲したものによってその対処は違います)

パニックになってしまうこともあるので
その場合は救急車を呼ぶ呼ばないに関わらず、
まずは119番に電話し、指示を仰ぐなどしてください、とのこと。


あわてずに、落ち着いて!なんていわれても無理なんだけど
でもパニックになることが一番危ない。



それよりなにより、まずは子供から目を離さないこと、だよね・・・。

子供の誤飲は本当に怖い。
本当に、本当に怖いよ。みなさんもどうかお気をつけて。



しじみ、こわい~!

テーマ:男の子育児
ジャンル:育児

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。