--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.23 09:32|はな



昨夜、はな がハイ&ローチェアの最上位から転落

詳細は後に記載しますが
救急隊のお世話になる事故を起こし
母親として深く深く反省しています


転落

救急車で搬送

脳外科診察

急を要する異常なし

後日再診

結果としては異常もなく、ムスメも元気になり
今朝も普段どおりの笑顔を見せてくれています。

あまりこういった内容の日記は書きたくなかったのですが
自分を戒めるため
また、これを読んでくださっている方に
転落事故頭部打撲時の対応を知っておいていただきたく
一夜明けた今日、日記として残しておこうと思った次第です。






事故発生直後


ハイ&ローチェアが好きな はな。

「ちょっとだけ待っててね」とベルトをせずに座らせ
目を離したその後、ゴンッ!と鈍い音が。

振り返ると はな がうつ伏せで床に倒れていました。
転落の瞬間は見ていないのですが
状況からすると頭(おでこ)から落ちたみたいです。

びっくりして抱き上げると はな は ワタシ の顔を見て
「うぇぇぇぇ~ん!」と大泣き。

ワタシ は「大丈夫?はな、ママがわかる?どこが痛い?」と抱きしめながら
隈なくチェックし、抱きながらでも顔色がわかるように
鏡の前で はな の様子を伺っていました。

少しの間「うぇぇぇ~ん!」と力なく泣いた後、
じいっと大人しく抱かれている はな。
いつもだったら「ぎゃー!!!!」っと大声で泣き続けるであろうに
ちょっと様子が変? びっくりしてるだけ??

鏡越しに はな の顔色を伺っていました
蛍光灯のせいか、思い込みか、なんだか青白くも見える。

「はな、大丈夫?」などと呼びかけると
一応 ワタシ のほうに目を向けますが、表情が変わらない。
少し、ちょっとだけ、もうつろ???

徐々に不安が募りましたが、とにかく一度冷静になろうと深呼吸

まずはお風呂の準備をしていたけれど、今日の入浴は中止

とにかく はな の不安を取り除くためには ワタシ が笑顔でいよう!
そしてずっと静かに抱きしめてあげよう! と思いました。

頭部に衝撃を受けたときは
とにかく安静にしていることや
意識確認のためにゆすったり
叩いたりすることはダメだということは知っていたので。
入浴を控えるということも。


はな を抱きながら、頭部に異常がないかチェック
こぶもないし、切り傷はなし。
触って痛がることもなかったのでひとまず安心。

ネットや本で頭部打撲時の症状チェックをしながら
はな を抱き、優しく語りかけていました。

このときの反応は普段どおり。
ただ、時間も夜8時近くなっていたので眠そうな様子。
これがただ眠いのか
それとも意識が遠のいているのか
がわからず
心配でなりませんでしたが、嘔吐や痙攣もなかったので
落ち着いて市の夜間急患診療所にTELし、今後の対応を相談・・・

その数分後

「んげぇぇぇぇぇっ」吐き出した はな。

びっくりして ムスメ の顔を覗き込むと、まだ気持ち悪そうにしていて
またすぐに「げぇっ」大量に吐き出したので

これはもう救急に相談しなくちゃと思い、119番しました。





119番 その後


119番の前に シュジン にTELし
両親 にもTEL(万が一救急車を手配してもらえなかった時のために)

119番通報で冷静に
ムスメ の年齢 事故状況 容態 などを説明した後
「では救急車を手配します。
落ち着いてくださいね」

と言ってもらえたときは
力強い味方ができたような安堵感が沸いてきたのを覚えています。

それから はな を抱きながら大急ぎで
保険証 母子手帳 オムツ 着替え タオル などを準備していると
あっという間に救急隊が駆けつけてくれました。
本当にスピーディーな対応で助かりました!

救急車の中で はな の心拍、体温、外傷などのチェックをしてもらい
事故状況説明などのやりとりがあった後
救急搬送先を決めるのですが・・・・・・・・・・・・

なかなか決まらないのです。

受け入れ拒否と言っていいのかどうかわかりません。

病院側の事情があるということも理解できますし
医学的に ムスメ の状況がさほど深刻ではない
ということも理解できる(しようと思う)のだけど
やはり、素人としては不安不満でなりませんね。
 
幸い、今回対応してくださった救急隊の方達がとても親切
本当に本当に心優しく丁寧に対応してくださったことが救いでした。

搬送先が決まるまでは30分くらいでしょうか
(救急車の到着は早かったのに)
市内を抜けて都内の脳外科に搬送されました。

このときの はな は
意識はしっかりし、呼びかけにも応じ、手足も自分で動かせている
時折眠そうにぐったりすることはあるものの、
一時より元気な顔つきに変わってきたようです。






急患で脳外科へ


救急外来入り口へ着くと先に到着していた両親が
はな の不安を取り除くために笑顔で迎えてくれ
はな もそれに応じるように笑顔を見せていました。

シュジン もすぐに仕事現場から直接駆けつけれくれました。

一時より元気になった はな ですが
CTレントゲン撮影はやはり怯えていて
ワタシ も鉛のベストを着用し、ムスメを支えながら一緒に撮影室に入りました。

頭の位置がぶれないように
力づくで はな のあごを押えていたのですが
かわいそうでならなかったし
なによりもこれが自分の責任なんだと思うと
悔しくて申し訳なくてたまりませんでした

撮影終了後、部屋から出ると外で待っていた家族救急隊
「んにゃ~!」と笑顔でまるで「終わったよ~!」と
報告するかのような表情をみせてくれた はな。

初めて来た病院と、集まってくれた皆の存在が嬉しいのか
興奮気味の様子でしたが
なによりも笑顔が見られるようになって一安心

その後の診察でも
「異常ありません」
ということで、本当によかった!
「お子さんの転落は気をつけてね」
釘を刺されたのは言うまでもありませんが
本当に、そのとおり、仰るとおり、
こればかりは ワタシの不注意です。

また明日、診察を受けるのですが
事故発生から最低でも24時間は様子をしっかり見て
なにか変化があったらすぐにでもまた受診するよう指示されました。

注意事項は
○意識状態
○嘔吐や痙攣がないかどうか
○手足の動きに変化がないか

●できるだけ安静にしていること
●振動するものに乗らないこと
●入浴は控えること
●消化の良いものを食べさせること   
など。


IMG_3136_1.jpg

帰宅後も「夜中になにかあったらどうしよう」と思うと
心配でならなかったので
ムスメ にぴったりと寄り添い
寝息を確認しながら
眠りました。

就寝時間が遅かったので、まだ眠いのか
今もおとなしく眠っていますが
今朝の反応や顔色からすると、特段心配する必要はなさそうです。

でも・・・・やっぱり心配
今もときどき寝顔を覗き込んで
触れて、ムスメ の反応を見ています

もう絶対、絶対に
ベルトなしで椅子には座らせないんだ!
そして早く新しい椅子を買うんだ!!

(ハイ&ローチェアは友人からの借り物でベルトが壊れていたのです・・・
そんなとこでケチるからだめなんですね・・・・・・)






子供を守るのは親の役目


無題

日々成長している子供。

「ちょっとだけ」のその一瞬になにが起こるかわからないのが子供。

昨日できなかったことが今日できるようになる
さっきまでできなかったことができる
そんな少しずつの成長はとっても嬉しい。


でも、嬉しいと喜ぶと同時に
注意して見守らなくてはならないんだ
って
身をもって経験し、考えさせられました。

自分が痛いのは構わないけれど
子供が痛い思いをするのは堪えられないですよね・・・

ワタシタチの大切な子供を
もっと大事に(いろんな意味で)一瞬一瞬を大事に見ていなくては。

どうか はな がこれからも異常なく元気に育ってくれますように。

そして皆さんも気をつけてくださいね。



続編 → 転落事故の再診察

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと
ジャンル:育児

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。