--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.25 11:05|はな



救急搬送された病院へ再診に行ってきました。

まずは、今回の日記に
たくさんの励ましや共感のメール・コメントをいただきました
皆さん、ありがとうございました

こうして日記で事故を公開することについては
ためらいもあったのですが、
ワタシの失敗を皆さんの育児に生かしていただきたいと思ったこと
そして、二度と同じことを繰り返さないよう、
ムスメへの謝罪の気持ちを込めて日記にたので
ご理解いただけたことを嬉しく思うと共に、とても励まされました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

再診の結果、おかげさまで ムスメ の経過は良好で、
心配な要素もなかったので安心しました。

診察内容は
○日常生活での変化はなかったか?
○視覚(目で物を追う)
○聴覚(問いかけに反応する)
○運動能力(手足の動かし方に異常がないか)
○食事はちゃんと摂れているか
 などで

診察(判断)の仕方としては

●日常生活

機嫌が悪くないか。
物を言えない赤ちゃんなので、行動・表情で観察するしかないが
ある意味赤ちゃんは正直なので
不安だったり調子が悪いときは、泣く、ぐずる意外に
ママにしか心を開かないことがあるとのこと。
ママにギュッとしがみついて離れない
などの行動からも不調が推察できるそうです。

●視覚

赤ちゃんについては視覚検査ができないので
物がちゃんとひとつに見えているかなどまでは判断できないのが実情。
でも、目線がしっかりしているかどうか、
目で物を追うことができるかどうかで判断。

●聴覚

視覚同様、呼びかけに反応するか、などの原始的な判断しかできないが
現時点での異常はみられないので大丈夫であろうと判断。

●運動能力

それまでしていたことをしなくなる(ハイハイをしなくなった、など)
動きに不自然さがあるなどから判断。
マッサージなどスキンシップを兼ねて、身体のあちこちを触ってみると
痛みがあれば赤ちゃんも反応するので
なにか異常があれば、レントゲンなどで詳しくみていくそう。
異常が見つからなければ
赤ちゃんをレントゲンで全身検査するようなことはしないそうです。
なので、転落時に脊髄などの損傷があると心配されるときは
手足の動かし方などをチェックすることから判断するそうです。

●食事

吐き出すこともなく、食欲もあるのであれば大丈夫。


そして頭囲からも診断するそうで、
計測し、ご丁寧に母子手帳へ記入もしていただきました。

IMG_3175.jpg

転落で心配なのは、頭蓋骨
現時点で出血などの異常がみあたらなくても
まれに時間が経ってから異常がでてくることもあるそうです
(出血だけでなく、頭蓋骨と脳の間に水が溜まったりするようなことが)

はな は7ヶ月になったので、低月齢の赤ちゃんほど心配ではないのですが
3~4ヶ月の赤ちゃんだともっと大事になっていたかもしれないそうです。

はな は異常なく、とても元気ではありますが、
それでも今後の経過についても
「念のために、よく見てゆきましょう」
仰ってくださる先生でしたので
今後しばらくは1ヵ月毎の受診をすすめられ、
次回の来診日時も指定してくださいました。

今回、不幸中の幸いともいえる一つの要素
この担当医である院長先生

救急搬送先が、この病院だったことも幸いですが
たまたま当直担当で見てくださったのが院長先生だったのです。

とても親切で、わかりやすい診察をしてくださいます。
外来も非常に人気で、常に待合室はたくさんの人で賑わっているのですが
この先生がまた直接見てくださるということですので
本当に、本当にありがたいことだと感謝しています。

しかし、本当に赤ちゃんの転落事故や頭部打撲事故は多いみたいです。
今回、外来診察を待っている間にも
救急車で4,5ヶ月くらいの赤ちゃんが後頭部打撲で搬送されてきました。
気をつけないとならないですね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今回は大事にならずに済んだ転落事故。
それでも、ワタシの中に大きな影響を残しました。

育児に対する姿勢

もっとしっかり見守らないとならないんだって思いました。
一瞬の出来事が一生の後悔にならないように
(コメントくださった方の印象的な言葉です)
これからも大切に見守ってゆこうと心に誓いました。

子供が親を育ててくれる・・・
確かにそうかもしれない。

日々の生活で ムスメ に教えられることってたくさんあります。
母親として、妻としてのワタシ。
父親として、夫としてのシュジン。

まだまだ未熟な ワタシタチ は育児をすることで
ワタシタチ自身を育ててもらっていると思っています。

今回は ムスメ が身をもって教えてくれたのかもしれません。
「ママ、ちゃんとワタシを見ていて!」
「危険はいつでもすぐそこにあるのよ!」と。

はな 痛い思いをさせて本当にごめんね。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと
ジャンル:育児

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。