--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.28 19:27|いのち


今日は 2010年東京マラソン の日。

こえだ'sオトウト が完走したそうです!

残念ながら悪天候となってしまった今日、
彼は冷たい雨の中、自分と戦いながら走っていたのだ。

よくやった!オトウト!!








ワタシ は東京マラソンのたびに思い出すことがある。


それは ワタシの出産マラソン


去年、2009年の3月22日。

ワタシ は病院の陣痛室にいた。



そう、出産というゴールに向かって走っていたのだ。





これは去年の3月21日。

天気がとても良かったので、
シュジン と2人、近所の公園へ行った。

まだかたい蕾をつけた桜の木の下でお弁当を食べた。

mataniti.jpg

「まだ咲かないよね~」

「今年はお花見できないなぁ」

「来年は3人でお花見できるかな」

など、これから来る春
家族が増えることへの期待を口にしながら
園内の桜を見て回ったら
ひとつだけ、たったひとつ、咲き始めた大きな桜があった。

一輪の桜の花



宝物を見つけたような気持ちになった。




この日は3連休の中日。

ワタシ の出産予定日は4月5日だったので
おそらく“最後”の、のんびりした2人だけの休日。

妊婦健診では「予定日くらいになる」ということだったので
せっかくの連休、
「明日は温泉に行こう」と計画。

日帰りできる距離で、貸切露天のある温泉をチェックし
準備万端、早朝出発に備え早めの就寝についた。


妊娠後期になり、睡眠が浅くなっていた ワタシ。

その晩もぐっすり眠ることはできず、
寝たり起きたりの繰り返しだったのだが



いつもと同じ、静まり返った夜中



バシャ!



と、まるで水風船が割れたような感覚と音。
(いや、実際にそんな音はしていないだろうけど
ワタシ にはそう感じたのだ。)



破水した。



夜中、2時ごろだったと思う。

産婦人科に電話を入れて状況報告すると
「ゆっくりあわてずに車でいらしてください。云々」と言われ
眠っている シュジン を起こした。



シュジン は飛び起きると
黙って ワタシ を抱きしめた





不安?

不安はなかった。


「とうとうきたか!」というワクワクした気持ちのほうが大きかった。



そうして ワタシタチ は、夜の首都高速を走ったのだ。

準備していた温泉用バッグではなく
入院用バッグを持って。








破水は22日の早朝。

まだ陣痛らしいものがなく、破水が続いていたので
「安静にしててね」という指示通り
病院のベッドで過ごした。


テレビを付けると東京マラソンが放映されていて
シュジン と2人で眺めていた。


IMGP0066.jpg


ワタシ の出産マラソンも始まっていた。



壮絶な 東京マラソンそして出産マラソン



東京マラソンって壮絶???

おそらく。

だって、ワタシ と同じ病院に松村が搬送されてきたんだもの
マラソンで死にかけたという松村邦和(そう、バウバウね)

シュジン は松村を見舞う
和田アキ子や峯竜太に会ったらしいし。




でも考えてみれば、
もし、この破水が一日遅れていたら
東京マラソンで道路は封鎖され
ワタシ はスムーズに病院へ辿り着けなかった

そして、もし、あのまま温泉に行っていたら
温泉地や車中で破水していたかもしれない。

そんなことになっていたら、さらに入院は不可能。



これは ムスメ の最初の親孝行ではないか?

ワタシタチのムスメ ってすごい天才じゃない??


「いい子だなぁ~」
「ありがとね~」と親バカ脳はすでに起動していた(笑)



で、ワタシ の出産マラソンですが。


結果から言うと、
破水したもののなかなか陣痛が強くならなかった ワタシ は
22日に入院し、
23日、陣痛促進剤点滴して出産

促進剤を打ってから出産するまで、わずか3時間。

3時間?

ほんとに3時間!?



いやいや、死ぬかと思ったんですけど・・・



陣痛を ワタシの言葉 で表現すると
ボーリング球が大腸から排出されるような感覚

しかもそのボーリング球がお腹の中で激しく上下し
ワタシ の内臓を激しく打ち付ける感じ。



世間的には『鼻からスイカ』というが
そんなもんじゃない!



『ボーリング球排出』です。


 




3時間の陣痛。


一番苦しかったのは
そのピークがどのくらいなのかが分からず
終わりのない痛みに耐えること。

先の見えないゴールに向かって走り続ける妊婦ランナーだ。


そして一番怖かったのは
自分が産むということ以上に
「痛いー痛いよー」「死ぬー」「う゜ぅぅぅ」と
大声でもだえ苦しむ見知らぬ妊婦の声

あれは、今まで聞いたどの怪談話より怖かった・・・。

陣痛待ちで“他人の苦しむ声”は聞かせるもんじゃないと思った。
頑張れるものも頑張れなくなるではないか。


ああ・・・・・
あらためて振り返って文章にしてみると
こんなドラマ(というか言いたいこと)があったんだなぁ。







ワタシ はこれからもずっと
東京マラソンが行われるたびに
この日の出来事を思い出すんだろうな。


いまでこそ笑って言えるけれど
産後、「もう二度と産まない」と言ったことや
陣痛中にでさえ「もう産むのやめる」と
シュジン に泣きついたことを(笑)




そして
やっと ムスメ に出会えた瞬間のことを思い出すんだ。

baby1.jpg

いままで見たことの無い小さな生命

小さいのにとても大きな存在

baby_20100228111429.jpg

分娩室へ駆けつけてくれた母の喜ぶ顔を。

出産のその瞬間まで、ワタシ のために
走り回ってくれていた シュジン の幸せそうな顔を。

出産で疲れているのに
朝が来るまで ムスメ の寝顔を眺めていた夜のことを。



ちなみに、
ワタシタチ が退院した同日
入院していた松村も退院しました。

縁があるのかしら~



関連記事1 → 振り返ってみよう

関連記事2 → 母乳育児

関連記事3 → 祝・オメデタ



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:初めての妊娠・出産・育児
ジャンル:育児

2010.02.27 09:09|はな


はな、ふと気付いたら
上の歯4本になっていました。

下の歯4本目
「コンニチハ」と言っている

hamigaki.jpg

親としては(我が家だけ?)

とっても面倒な歯磨き指導。

嫌がるわけではないのだけど、じっとしていない。


とりあえず、

ワタシ が磨くときは一緒に歯ブラシを持たせる。


「えらいね~!」 「ママと一緒だね♪」

「歯磨き上手だね!」と褒めて、おだててその気にさせる。


でも磨いている(らしい)のは数秒。

すぐに歯がためと化しているのは言うまでもありません。


最初は歯磨きティッシュや綿棒でお掃除していたのだけど

ここんとこ手抜きしちゃってます。ワタシ。



ところで、

歯って、遺伝するの???



ワタシ は子供のころから虫歯の無い優良児でした。

オトウト は歯科医から表彰されるほどの“いい歯”だった。


母は ワタシタチ に何度もこう言い聞かせた。
「おかあさんの歯が遺伝したからよ~!ふふん」と。


歯の質も遺伝するのかしら?



だとしたら・・・・・大丈夫。



でも



シュジン の口中には
虫歯治療痕がいくつもあるではないか!


  



ワタシ の口にはない光る歯を見たら

ぞっとした・・・・・



やっぱり歯磨きって大事だな。




考えてみたら、もう離乳食完了期。

おせんべいやフルーツもしっかり食べてるし

母乳も甘いもんだし・・・・・。


気をつけようっと



どなたか歯磨きについて詳しい方、
また、なにかいいケア方を知っていたら教えてください。


関連記事

テーマ:◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆
ジャンル:育児


先日、部屋を片付けていたら

コレが出てきました。

ribon4.jpg

新体操のリボン





「こえだ は いとうあさこ だったのか!」

なんて思ったの、誰?





2000018499.jpgあははは、あはははーっ!

なんでかなぁ・・・30過ぎてから

アタシ、なんかイライラする~!!




違ぁぁぁう!



gallery_02_pct_01_convert_20100226083817.jpg
こえだ、実は中学から新体操をやっていたんです。

そう、浅倉南に憧れて・・・

県内ではそこそこの選手だったんです。えへ。





リボンを回して見せたらはな、大喜び♪

きゃー!んきゃーっ!

ribon.jpg




ぐぁー!からまったよー!!

ribon1.jpg




もっと、もっとー!

ribon2.jpg




おもしろいなぁ。

ribon3.jpg





学生時代、ワタシ はずっと、体育会系女子でした。

制服を着るのは朝晩の通学時のみ。
登校したらずっとジャージ
授業も一日二回の体育
学校にあるプールは、足がつかない50m。
校内には合宿所があり
体育館が2ヶ所(しかもひとつは二階建て)

男女共学ではありましたが、
そんな体育会バリバリの生活をしていると
男も女も関係なくって、みんな友達みたいな感じ。

すごく楽しかった。


学校は『文武両道』を唱えていて、先生はかなり厳しかった。
いまでは問題になる体罰も普通にあったと思う。

毎日の厳しい生活。そこからいろんなことを学んだ。

常に目標に向かって努力すること。諦めないこと。

スポーツマンとしての、マナーを。

挨拶から始まり感謝で終わる、スポーツを通して学んだ礼儀

部活での上下関係は社会に通用する立派な常識となっていた。



そんな ワタシ。

オリンピックを見ていると、どうしても血が騒ぐ

体育会系の熱い魂が暴れだす。


服装の乱れ&悪態で問題になった
國母クンについては論外であります
本来は才能ある選手&気持ちのいい若者なんだろうけど。






冬季オリンピックも佳境に入り、
今日はいよいよ女子フィギア決勝

あぁぁ~楽しみ。

あぁぁぁぁ~頑張ってほしい、真央ちゃん


初めて成功させたトリプルアクセル。

でも、5点近く差をつけられてしまったキムヨナ
悔しいけれど、彼女の演技は素晴らしかった。
技もさることながら、彼女の表現力の高さに身震いした。

テレビをつけるとあちこちで
【逆転するには】とか
【ショート1位はフリーで勝てない法則】とか
【青い衣装が歴代金メダル】とかやっている。

日本中が、世界中が彼女達に注目している。

そのプレッシャーは計り知れない。
プレッシャーを原動力に変えているのかもしれない。

それだけ精神力が強くないと、
勝ち残ることなんてできないと思う。



決勝プログラムはもうすぐ。
いまから楽しみで仕方が無い。


ショートの演技終了後、
真央ちゃんのはしゃぐ姿を見て泣いた ワタシ。
もう、ここまでくると親になった気分。
19歳の娘らしい、笑顔がまぶしかった



学生時代にちょっと運動に打ち込んだだけの
にわか評論家のたわごとではありますが・・・
語らずにはいられない こえだ なのです。






男子フィギアもテレビにかぶりついていた。

高橋選手
最初のポーズのとき、
指先がかすかに震えていたのを見て
当時の自分と重ねてしまう。

ひとたび演技が始まってしまえば、
胸の高鳴りはおさまるのだけど。

演技が始まる直前、
静まり返った会場内でひとりたたずむ選手の緊張感

オリンピックという大舞台。
想像もできないくらいのプレッシャーもあっただろう。
そして、
決戦を前にした、なんとも言えないワクワクした気持ちも。

あー
あの頃に戻りたいって、心から思った。




そして、感動したのは

織田選手
靴紐が切れてしまうアクシデントがあったけれど
最後まで踊りきった彼。

ワタシ は見逃さなかった。

演技終了直後、
リンクの真ん中で
「ありがとうございました」とつぶやいていた彼。

感動した。

とっても感動した。


悔しくて仕方ない気持ち以上に
聴衆に感謝する気持ちがあったのかと思うと
とても感動して涙が出た。



ムスメ はまだ0歳児。

体育会系な ワタシタチ の血を引いたのか
その体格も、骨太で、食いしん坊で(関係ない?)がっちりしている。

無理強いはしないつもりだけれど

できればなにか運動をしてほしいと思っている。


運動を通して、いろんなものを学んで欲しい。

そのためには
これから激しく動き出すであろう我が子と
一緒に走り回る体力をつけなくてはならない・・・なぁ。


ribon5.jpg


にわか評論家のつれづれ日記でした。

最後まで読んでくださった方、ありがとう。
つい、熱くなり長文になってしまいました。

決勝終わったら、またPCに向かっているかも・・・





関連記事

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

2010.02.25 14:26|はな


両親から初節句用の着物をいただきました。

kimono.jpg

我が家の場合は、お雛様を 

シュジンの実家が用意してくださったので

両親はこの着物を用意してくれました。


伝統やしきたりを重んじる母らしいチョイス。


真っ赤な着物が子供らしくて最高に可愛い!


そういえば、はな雛 は朱色の着物を着ているんだっけ!!

あまり見かけない、殿と姫がペアルックのお雛様

これを着せて、一緒に写真撮ったら(撮れたら)

可愛いだろうな~



こえだ母は行事や
日本独特の季節感を大切にする人なので

初正月用の羽子板も用意してくれました。

関連記事はコチラ

初正月に備えて & 今日のPICK UP ブログ


羽子板を用意することや

お雛様の準備、その他諸々、

ワタシが知らないことを教えてくれる、
人生(育児)の師です。



桜とともに桃の花も準備万端!

momo.jpg

お雛様周りを彩るその日を待ち望むように

ひとつふたつと咲き始めました。




今週末、

お雛様を買って下さった義父達をお招きする予定ですが

お料理・・・・・ちゃんと準備できるかなー



最近、家中のパトロール活動が激しくなった ムスメ。

家中パトロールしてくれているはずなのに

なぜか、他に不審者がいるのか?

家は荒らされているのだけども(笑)


家事が前以上にはかどらなくなりました



あたし、げんきにセイチョウしてるよ

arigato.jpg

はな がこのごろハマっているのは英和辞書。

なぜだ?

とにかく好きらしい。



生まれてまだ1年経っていない ムスメ

この1年の間、たくさんのはじめてを経験してきました。

はじめて四つの季節を感じ、過ごしてきました。


今まで何度も、それぞれの実家や親戚、友人たちに

お祝いや愛情をいただいてきました。



本当に愛されているんだなって感じます。



ムスメ のおかげで知ることのできた、深くて広い



ムスメ にとっても ワタシ にとっても

素晴らしい1年であったと思っています。




ところで、

母には着物と一緒に手編みのベストをいただきました。

nit.jpg

以前、日記で取り上げた

曾祖母のニットもそうですが

子や孫を思って作ったニット(洋服なども)って

本当にあったかい。


子供にはちょっと渋い色身ですが

着せ見たら、それはそれでコーデしやすいなと。

だいぶ春めいてきましたが

寒い日のチョットはおり用に重宝しそうです。




関連記事

テーマ:行事・イベント
ジャンル:育児


これ、何だと思いますか?

umi.jpg









イルカの胃袋です。









迷いイルカを捕獲し、水槽で育てたところ

2日後に死んでしまったマダライルカ。



胃の中に、
こんなにたくさんのごみが詰まっていたそうです。



これらが消化しきれず、胃袋に溜まった状態で死亡。



イルカはごみを餌と間違って食べてしまったのです・・・。

umi1.jpg



とても心が痛みます




誤食によって死んでしまったイルカを思うと

心が痛くて、苦しくて、切なくなりますが

それ以上に、

ごみを砂浜や海上に放置&遺棄してしまう

人間の愚かさに心が痛みます



人間って、本当に浅はかな生き物だなって思います。




人間に進化するもっと前からずっと

自然とともに生きてきたのに

自らも動物として生き続けてきたのに、

こんな風に

自分勝手な行動

自然を敵にまわす
(思いやれない心。大切にできない行動。)




なんか、

とても哀しくなりました。





先日行った美ら海水族館で目にした

海からの大事なメッセージ




ワタシ は水族館で見た美しい光景に癒され、

ムスメ にもその素晴らしさを教えたつもりです。



海や自然の素晴らしさとともに

海を、自然を、

愛し敬う気持ちも 
ムスメ に教えてゆきたいと思います。






関連記事

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。