--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オリンピックが終わりました。

バンクーバ五輪のスローガンは
With Glowing Hearts.
輝く心とともに

世界のトップアスリートのどのプレイも素晴らしかった!



前回の日記体育会魂の続編。


女子フィギア、素晴らしかった。感動した。


どの選手も、
オリンピックという大舞台を夢に見て

今日という、その日に備え
血のにじむような努力をしてきたんだろう。


いことも、しいことも乗り越えて
周囲の期待や、プレッシャーをはねのけて
他の選手との戦いというよりも
おそらく
自分との戦いの日々ではなかったのかと、思う。


本当は真央ちゃんに金メダルをとってもらいたかったけど
でも、素人ながらキムヨナには完敗だなって思った。

キムヨナの表現力は、他のどの選手よりも秀でていた。
我々を引き込むような、吸い込まれるような彼女の表情。
かと思えばこちらを圧倒するかのような
存在感ダイナミックな連続ジャンプ。

そして彼女のステップ
まるでスケート靴を履いていないじゃないかと思うほど
スムーズで鮮やかだった。

素晴らしい。

くやしいけれど、素晴らしい!


でも ワタシ は、真央ちゃんの挑戦する姿勢が好き。
誰も挑戦していない、トリプルアクセルに挑んだ彼女。
無難にまとめて金を狙うのではなく
それこそ自分との戦いであったのではないかと、思う。

ワタシ の持論は
『やらないで後悔するより
やって後悔するほうがいい』


あの大舞台で、史上初の大技に挑戦した彼女に拍手


ていうかートリプルアクセルについて、
もっと加点があってもいいんじゃないの?


浅田真央はトリプルアクセルの女王です!



ちょっと新体操で踊り(表現力)を学んだだけの
にわかコメンテーターの戯言です・・・すみません。



さて、前回に続き、青春の思い出シリーズ。

club.jpg

こん棒です。

こん棒はリボンの次の得意種目でした。

写真でわかりますよね?
先が欠けています。

何度も投げて、投げて、投げて・・・
体育館の床に打ち付けられて欠けてしまったこん棒です。

これ、もちろん、とっても硬いです。
失敗して頭や顔に当たることも多々ありました。

新体操って、見た目以上に過酷なスポーツで
乙女の体はだらけでした。
乙女ね。


今回のオリンピックで、
真央ちゃんが最大のライバル
追いつけなかった姿を見て思い出した
若かりし日の こえだ の忘れ得ない
ライバルとの戦いについて
残しておきたいと思う。








ワタシ にも手ごわいライバルがいて、
彼女は同学年でほとんど同じレベルの選手だった。
彼女には一度も勝てず、いつも2位だった。

中学3年になり、最後の引退試合。

「絶対に勝って引退する」と決めていた。


リボンの得点ではほぼ並んでいた ワタシタチ。

ライバルが先にこん棒の演技を終わらせ、
単独首位


ワタシ にミスは許されなかった


彼女に勝つためには
ノーミスであることと
基礎をしっかり組み込むことが絶対条件だった。



そして、ワタシ の演技が始まった。


高まる鼓動が、ポーズを決める指先にも伝わってきた。



滑り出しは順調。

“ジャンプはこえだ”と定評のあった、
得意のジャンプに力が入る。

「よし、いける!」
意外と気持ちは冷静だった。



最後の大技

こん棒を高く投げ上げ、
前転、
そして身体を大きく反らせ片足を上げ、
片手で落ちてくるこん棒を待つ・・・

その瞬間


こん棒が見えない!


体育館のライトの真下に入ってしまい
こん棒がまったくみえなくなってしまった!



「大丈夫。いつも通り戻って来る」
信じる気持ちで目をつぶった。




バシッ!


と手に感じた衝撃と


キャーッ!


という周りの歓声。





総合点で ワタシ は初めて彼女に勝った。

初めての優勝




これが ワタシ の最初で最後の名勝負。

今でも瞳を閉じると
まぶしいライトに消されたこん棒の影がまぶたの裏に蘇る。


青春の1ページです。

With Glowing Hearts. 







はな のオモチャ箱にこん棒を入れてみた。


なんじゃこら?

club1.jpg



なかなか食いつきがいい。

club2.jpg



って、いうか普通に立ってるし

club3.jpg

いつの間にか立っちも軽々とこなすようになってる~。

1歳目前にして、成長著しい ムスメ。

誕生日までに歩き出すのかな?

そしたら一升餅の儀式だなぁ



では、最後に 
はな選手のエキシビジョンとして
こん棒の演技をお送りいたします。


 
両手に持って、前屈のポーズ

club4.jpg




両手に持ち替え、風車

club5.jpg




そしていよいよ




最後の大技







もしもし~?

club6.jpg




はな はどんなスポーツ女子になるのかな






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。