--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とうとうやられてしまった・・・。

ワタシ が大事に育てているセロウム

折られてしまいました

IMG_6307.jpg

いつかやるんじゃないかって恐れていたものの

「これは優しくさわるのよ」
「いい子いい子してあげるのよ」


と、

言い聞かせながら植物に触れさせていた。


触らないように
手の届かないところへ置くこともできたのだけど

なんとなく、

触れ合いながら
その大切さや尊さを教えて
あげたかった。


でも、やっぱりだめだった・・・。


いや、

もしかしたら

ムスメ は ムスメ なりに
優しく触れたつもりなのかもしれない

セロウムと会話していたのかもしれない

けれど、
折れてしまったのは事実。


悲しい

IMG_6312.jpg


動きが活発になってきた ムスメ。


その成長は喜ばしいことなのだけれど

その反面、

目が離せないことに苛立ちを覚えてしまうことがある。


イライライライラしてしまい
「もーっ!」と言って、眉間にしわを寄せてしまう。
「やめてー!!!」
「お願いだからあっちに行ってて」

と、親として哀しい言葉を投げかけてしまう自分がいる。



いやだ。



ものすごく
そんな自分がいやでたまらない




本当は笑顔で ムスメ の成長を見守りたい。

本当はいつも優しく ムスメ を見ていたい。



だのに、それができない。




イタズラを目にして怒る ワタシ に シュジン は言います。

「そのくらい、いいじゃない」と。

でもね、
1日に2回、3回見るイタズラ
20回、30回見るイタズラ(時に破壊)は
ぜんぜん違うんだよー!!!


はな が成長して、
また新たな育児の壁が現れたようです。




同じ年頃のコドモを持つお母さん、
センパイお母さん、
教えてください。

こんな時、どうすればいいんでしょうか?


毎日叱ってばかりの自分がいやでたまりません



また、
コドモのしつけについて
なにかいい教本などあれば、教えていただきたいと思います。




もっと気楽にしていればいいのかな~。

完璧な母親なんていないんだって、
ダメな自分も受け入れて・・・。

「だってにんげんだもの」と言い聞かせ、
イタズラや自我の芽生えは成長の証だと復唱しながら。

IMG_6309.jpg

折れてしまったセロウム


ごめんね



そして

ちょっとした幼児のイタズラだったのに

叱ってしまった ワタシ のかわいい はな

ごめんね



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。