--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


地震・引越しなどでしばらくブログ更新を休んでいましたが
その間にあったとても大きな出来事について
書き残しておきたくて、今日はPCに向かいました。


*  *  *


実は、
ワタシの大好きな、大好きな祖母が亡くなりました。


奇しくもワタシタチが引越しした翌日の夜。


それは祖母の誕生日の翌日でした。



95歳。



95回目の誕生日を迎えた翌日、
おばあちゃんは春の風になったのです。



やわらかく吹く、春の風。

時に強く、冷たく、季節の移り変わりを告げる春風。



それはまさにワタシのおばあちゃんみたいな風。


やさしくて、懐が広くて、常に前向きな人。
口には出さなくても
強い意志と、まっすぐ芯のとおった強い人でした。


大正に生まれ、戦争や関東大震災を乗り越え
激動の人生をたくましく歩んできた女性。


聡明で、かわいらしくて
誰にでも愛されているおばあちゃんは

ワタシのことをそれはそれは可愛がってくれて
いつも気にかけてくれていました。



遠い昔、
おばあちゃんと手をつないで歩いたこと。

日の当たる縁側で髪を結ってもらったこと。

おばあちゃんの家に泊まって
いとこと笑い転げながら過ごしていた夏休み。

忘れられない、おばあちゃんの民謡と踊り。

着物の素晴らしさを教えてくれた、日本の女性。

キレイな白髪と優しい笑顔。

温泉で背中を流したときに見た
おばあちゃんの透き通るような白くて薄い肌。

遊びに行くといつも笑顔で「こえだちゃんかい?」と声をかけてくれたこと。

ムスメが生まれてからは
「はーなちゃん♪」とうれしそうに声をかけてくれて
たくさんの手遊びも教えてくれていました。

90を過ぎてもなお、いろいろなものに興味をもち
多趣味であったおばあちゃん。

しわしわの手で、器用にセーターやベストを編んでくれました。


それらが失われたなんて、いまでも信じられません。



*  *  *



そしてもうひとつ、気がかりだったことはワタシの母。


実は2月あたまから一ヶ月、入院していました。

ワタシが流産の悲しみと戦っていた頃、
無常にもその知らせが入ってきていたのです。


「どうしてこんなに辛いことばかり!」


ワタシは泣き崩れたものです。



幸いにも、
命に関わるような重大疾患を発症する前に
入院することができたので
時間をかけて回復し、いまは自宅に戻ってきています。


P1000747.jpg

これは病室に飾ってあった花。

花が心を、環境を変えてくれるんだって
あらためて思ったものです。




*  *  *



おばあちゃんは、昨年末から入退院を繰り返していて
その間、母はずっとそのことばかり気にかけていました。

昔から
ワタシが見ても『超』が付くくらい親孝行で
おばあちゃんを誰よりも大切にしてきていた母。

おばあちゃんのそばに居たいのに
居られなくなった入院生活は
身体よりも、心が苦しかったと思います。


でもね、

母が入院することになったのは
おばあちゃんの看護で病院に出入りしていたおかげでもあったのです。
(そこの医師に母は病気ではないかと指摘され、別の病院に入院)


発見が遅ければ
命に関わる疾患だったそうです。


おばあちゃんが母を助けてくれた。



母の母である祖母が、
命をかけて守ってくれたんだと感じています。




*  *  *




母の入院は我が家(実家)からは遠い距離だったので
なかなか簡単には会いに行かれませんでしたが

ワタシは時間をみつけては
ムスメを連れて会いに行っていました。


ムスメの無邪気な笑顔が、
母を癒してくれた。


そしてその姿がまた、
ワタシを安心させてくれていた。




以前、女同士という記事を書きました。



やっぱり、女から女へ受け継ぐものは大きい。




それは命のリレーというものだけではなく、
女ならではの“愛”があって
“想い”があるんじゃないかと。



祖母が母を助けてくれていたように

母はワタシをいつも助けてくれている。



母が祖母の生きがいであったように

ワタシは母にとって生きがいなのかもしれない。



ワタシにも生きがいであるムスメがいるから、

その気持ちは痛いくらいにわかる。



だからワタシはやっぱりムスメを守り抜くんだ。

もし、なにかあったとしても
ワタシはこの命を捧げてでも
ムスメを守ろうと思う。

いや、そんなこと、あえて思っていなくたって
そうするに違いないのだろうけれど。




*  *  *


母はいまも祖母を失った悲しみを抱えながら
強く、自分の足で立ち上がり、歩いています。

その胸の痛みは計り知れない。


ワタシが同じ立場だったらと思うと、いてもたってもいられない。


ワタシの母。



母の大切な母を思い続ける、
ワタシの母。



これからは
ワタシが母を支えてゆこう。

日々の暮らしに紛れて忘れてしまうこと、
できないこともあるかもしれないけれど
そう思っている気持ちだけは忘れないでいよう。



大切な母だから。



*  *  *



おばあちゃん、

どうか、どうか、

これからも母を深い愛で包んであげてね。



そしてどうか、

母に、ひとつでも多くの幸せを

届けてあげてください。







↓ランキングに参加しています↓


にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ 女性人気ブログランキングL-Reco






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。