--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.07 10:00|はな



「ママー。ママだいじょうぶ?あかちゃんうまれるの?」
IMG_9801.jpg
ワタシの手にしがみついて離れようとしないムスメ。

入院着・ベッド・モニター・・・
そんなワタシの様子に不安を感じていたのであろう。
ムスメの心配そうな顔を見ると、アタシも不安になってくる。

「だいじょうぶだよ~もうすぐ赤ちゃん出てくるよ~」と
とにかく笑顔でムスメを安心させ、楽しみだね、おねえちゃんになるねと
ムスメの頭を何度も何度もなでてやった。


でもこんな状況でもアタシタチを笑わせてくれたのはムスメ。

膝を立てて寝ていたアタシの布団の盛り上がり様を見て
ムスメが放った一言・・・・・
「あっ!お腹おっきくなってる~!!!」

ぶっ!これは膝ですからー!!!



+*+*+*+*+*+*


管理入院スタートは15時頃だったと思う。

しばらく病室でともに過ごしていたアタシタチだが、
それに飽きてきたムスメとオットを病院そばの公園へ送り出し、
アタシは鈍い陣痛を促すために廊下を歩く。

(元気なうちに好きなものを口に入れとくぞ!と売店へ行き、
アイスクリームを食べてドロリッチとオロナミンCを飲んだことは秘密・笑)


陣痛室からまっすぐ続く廊下を歩いてゆくと・・・
公園で遊ぶムスメとオットが見えた!

kako-JkreCXaZOmawQPq6.jpg

「マーマー!マ――――マ―――――!」と
飛び跳ねながらこっちに手を振るムスメ。かわいいな。

この時アタシとオットはメールで交信していたのだけれど
遊具で遊ぶ際もムスメは「がんばれがんばれ、まーま♪」と歌っていたらしい。

泣けるね。

アタシと離れることがなによりも嫌なことだったムスメが
少しずつ自立してゆくための強さを身につけてゆく。

あたしもがんばらなくちゃ。

そう思ったらがぜんやる気がでてきた。
お産を無事にすませて、赤ちゃんをムスメに見せてやりたい!
ムスメをおねえちゃんにしてあげたい!!

陣痛に対する恐れなんてちっともなかった。


+*+*+*+*+*+*


夕方、助産師さんから「お嬢さんきていますよ~」と
声をかけられたので案内された場所へ行く。

涙を流したであろう瞳でワタシを見つけると、
ムスメはちょっとだけ頬を赤らめてうれしそうに、はずかしそうに
「ママァ・・・・・」とだけ言った。

この子なりに『寂しい』気持ちに蓋をしてがんばっているんだなと思うと
胸がキューッと締め付けられた。
だからアタシはムスメをギューっと抱きしめた。


それからアタシはムスメとオットと3人で食事をした。
家族3人、最後の夕食。病院だけどね。

時折やってくる陣痛を逃しながら、
そのたびに背中をさすってくれるムスメに感謝しながら。

話す内容は『赤ちゃん』のことだったり『公園での遊び』だったり。
でも多くを占めていたのは『ママがいないとさみしい』ということ。

「はなちゃん、ママといっしょにねたいんだよぅ・・・」

「ママあしたかえってくる?いつかえる?」

ワタシが優しく何度も「ママは赤ちゃん生まれるから帰れないの」
「赤ちゃんうまれたらしばらく病院にいないとだめなんだー」
「ママもほんとはお家帰りたいんだけど先生にだめっておこられちゃうの」など
説明したって3歳児には理解できるわけがない。
納得できるわけがない。

「パパと寝て、また明日会いに来てくれる?」
「ジジもババもいるから寂しくないよ~」と言っても寂しいものは寂しい。

何度も何度もそんな会話を繰り返していた。

最終的に泣きべそをかきながら、うつむきながら
「うーん、でもーハナチャン、ママがいないとさみしくてこまるんだよなー」と
最後の抵抗をしつつも納得してくれた。

エレベータ前で別れるとき、
アタシはムスメを思いっきりぎゅうっと抱きしめてやった。

そうするといつもの笑顔になって「じゃあねーばいばーい!!」と
元気に手を振って自宅に戻って行った。


泣きそうになったのはアタシも一緒だった。


+*+*+*+*+*+*


それから1時間半後、アタシはハナの弟を産んだ。
弟、『ソウ』はハナをおねえちゃんにしてくれた。

以下は「さみしいさみしい」言うムスメをなんとか寝かしつけて
実家に預けてから病院に来てくれたオットの話。


『はなちゃんえらいんだよぉ~
「ハナチャンじぶんでねるよ」「ひとりでねられるよ」って言ってさぁ
いつもワーワー泣いたり甘えたりするのに
今日はおとなしく一人でベッドに入ってさぁ~
もう俺、泣きそうになったよ・・・・・
ほんとにはなちゃんえらいんだ。がんばってるんだよぉ。
「ママとやくそくしたから」ってさぁ~』


オット、男泣き。男親泣き。

アタシもそれを聞いて涙がこぼれた。

アタシの腕の感触を確かめながらじゃないと眠れなかったムスメが、
アタシのにおいを嗅ぎながらじゃないと眠れなかったムスメが、
「ひとりでやれる」って「がんばれる」って立派な姿を見せてくれた。

もうそれだけでアタシタチの親心は涙涙の感動に包まれた。


+*+*+*+*+*+*


翌日、「ママ―❤」と会いに来てくれたムスメは
ちょっと大きくなったように見えた。

ムスメもまた少し照れながら、もじもじしながら
「ママ会いたかったよ」と「ひとりでねられたよ」とつぶやきながら
ワタシの膝元にすり寄ってきてくれた。


これが出産当日の裏側。

どうしても生まれてくる赤ちゃんに脚光が浴びてしまう出産だけれど、
こんなふうに赤ちゃんの誕生とともに
ひとつふたつと成長の階段を上がる子供がいることも忘れないでいたい。

見逃さないでいたい。
ずっとずうっと、アタシはこの子の母親なんだから。


「あかちゃーん!でておいでー!!」と大きなお腹にキスするムスメ。
kako-L1C5lnAIgZ14CTMA.jpg

はな、ありがとうね。
こんなに素敵な気持ちになれることを教えてくれてありがとうね。

そしてこれからもママのそばで笑ったり泣いたり、いろんな顔を見せてね。




とはいえまだまだ手のかかるお嬢様。実は赤ちゃんより手ごわい!?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:女の子育児
ジャンル:育児

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。