スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちのいいお産

2012.05.06 13:46|いのち


ムスコがやってきて16日目。
ああ、もうそんなに時間が流れていたのね。
もう16日もワタシのそばにいるのね。

でも、まだ16日しか生きていないのよね。
小さくて、か弱くて、でもとても大きな存在。


ようこそ、我が家へ!!
IMG_9821.jpg
うまれて間もないムスコ君。



++ * ++ * ++ *



出産はタイトル通り【気持ちのいいお産】でした。

ほんとにね、気持ちよかったの。
最後の最後、つるんとでてきた我が子を見て
すごくうれしかったし、痛くもなんともなくて「よく来たね」って
あったかい気持ちで満たされてた。



ちょっと長くなるけれど
当日のこと、記録しておきます。



++ * ++ * ++ *



4月21日(土)

オットが別宅から実家のワタシタチを迎えに来て
その足でお昼を食べに行った。

kako-UvF0TuKP5SGpiQr2.jpg

なんだか無性にスタバのフラペチーノが食べたくなって
ムスメと二人でがっつりトールサイズをオーダー♪

そのまま腹ペコムスメとアタシを乗せた車は
自宅近くのリンガーハットへ。
(野菜たっぷりでいいよね。妊娠後期はよく行ってた。)

車に乗りながら
((オットがいる週末に産気づくといいんだけどなー))と考えていたのだけれど
それはまさにその時やってきた!

そう、アタシはリンガーハットで破水した(笑)

でも前回も破水から出産したあたしは
((まだだいじょうぶ。まだイケる!))と冷静さを保ちつつオットに報告。
アタシ以上におろおろあわあわしだしたオット。

アタシはというと((ちゃんぽん食べてからじゃないと嫌だー!!!))と
やってきたちゃんぽんと餃子をしっかしお腹におさめた。

ささっと会計を済ませ自宅に戻り病院に電話。

少量ながらも破水は続いており、状況説明をしそのまま入院。
15時頃だったかな?

それから内診とモニターチェック。
まだまだ時間かかりそうね~なんて軽い気持ちでアタシはその時を待つことになる。

(ここでムスメと別れるのだけれど、その一部始終はコチラにて)

軽い陣痛は来ているもののまだまだぜんぜん大丈夫。
これならちょっと歩いたほうがいいかしら、と
廊下を行ったり来たり。売店へ行ってみたり(行くだけでは済まないのがアタシww)


17時頃。

地味にアピールしだした陣痛を感じつつも腰回しなどで痛みを逃す。
お気に入りのアロマを嗅いでみたり、
イヤホンで音楽を聴きながらちょっとリズムに乗ってみたり、
最後の最後に安産本を読んでマインドコントロールしてみたり、
お腹の子に「だいじょうぶだよ~怖くないよ~」
「ママが手伝うからね~外の世界は楽しいよ~」と話しかける。


18時、夕食の時間。ヤッター♪

病院食だって食べられるもんはなんだって嬉しい食いしん坊ニンプ。
オットとムスメもお弁当持参で合流して会食。
だけど、ちょっと、痛いじゃな~い!?
3人で笑いながら食べつつも、、、痛いじゃな~い!?!?
でもあんまり痛がっているところをムスメには見せられない。

食事中にやってくる陣痛はスクワットで深呼吸。
そのたびにムスメとオットが背中をさすってくれた。

うん、まだイケルな。まだぜんぜん平気。

そんなこんなで実は確実に間隔が短くなっていた陣痛を
家族の愛で難なく乗り切ってしまったアタシ。


19時。面会終了。

エレベーターで2人を見送ったままナースステーションへ行き
「あの・・・結構痛いんですけど。えへ。」的なノリで申告。


内診は7㎝。

「う~ん、もう少しかかるかな」と遠慮がちに言う助産師①。
その向こうで
「まだ産まれねぇな~。あはは」と鬼のような言葉を笑顔で言い放つ助産師②。
「こえださん、もうちょっとモニターつけてがんばりましょうね!」
と、若く優しく可愛らしい助産師③。(←おやじか・笑)

「ぐぇ・・・まだっすか・・・・・」と肩を落とすアタシに助産師①は
「おかーさん的にはどうしたい?早く産みたい??」と聞くので
「いや、できれば小さく戻してから産みたいです。卵とかで。」と言ってみた。
「それは無理ー!子づくりしたなら産むしかない(笑)」と
ごく当たり前のことを言ってのけられた。そりゃそうだ。


でも、でもさ、
まだだって言う割には陣痛室戻ってからの痛み、強くない?
これで、まだまだっすか?間隔もかなり狭まっていやしませんかい??

IMG_9806.jpg

「ふーーーーーーっ・・・・・」
お腹から「もうでるよ~」という合図がある度、
アタシは深く息を吐いて痛みを逃す。

ムスメのときはとにかく陣痛というものが怖かったし、事実痛かった。
とにかくあの痛みから逃れたくて、苦しくて、呼吸することさえつらかった。

でも、今回はなんか違う。

相当な強さになってきた陣痛と戦いながらも
意外に冷静に、受け止めて、感じて、乗り切っている自分に気づく。

アタシはとにかく赤ちゃんのことだけを考えていた。

赤ちゃんが無事に、元気にこの世にやってこられるように
アタシはこの子の道になるんだって、それだけを考えていた。

川を流れる水のように、
上から下へ、未知の国からワタシタチの世界へ、
いままさに生まれ出ようとする赤ちゃんを導いてやるんだって
それだけを考え、痛みに逆らわず呼吸を整える。

深く、深く、吐いては吸って。
そんなことを数回繰り返しているうちに分娩台へ移動することとなる。

ちょっと呼吸が乱れると過換気症候群で手がしびれる。
「だめよ、だめだよ、赤ちゃんが苦しくなるよ!」
そう励まされ、自分にも言い聞かせて深く息を吐く。


時計を見ると20時過ぎ。

「まだ産まれねぇな~」と言いやがった助産師②め!
あれから大して時間たってねぇじゃねーか!!と心の中で叫ぶ。

そこからはね、痛かったです。
いやかなり痛いよ、うん。
いわゆる陣痛の激痛の苦しみですわ。

だけど平気なの。

命がけで頑張っている赤ちゃんのことを思うと
アタシの痛みなんて大したことなくて(ほんと)乗り越えられる。

赤ちゃんのことを思っている頭の反対側には
ムスメの笑顔や別れ際の切ない顔が浮かんでいて、
ママ依存のはなが寂しさと戦っていることを思うと、
アタシの苦痛なんて大したことなくて(ほんとに)。

最後の痛みにさしかかるころ
分娩室に流れていた曲が福山雅治の「家族になろうよ」。

「いつかあなたの笑顔によく似た男の子と
いつかわたしと同じ泣き虫な女の子と
どんなことも超えてゆける家族になろうよ」

うぉおおおおおおおおー!!!

アタシはこれでエンジン再加熱。
いままさに一姫二太郎の4人家族になろうとしている。

まだ見ぬ赤ちゃんに
「出ておいで~、待ってるよ~」と念じていきむ。


そうしてにゅるんっ!とうまれ出てきた我が子!!
照明に反射して体がキラキラ光っていた。
頭が小さくてスマートな男の子。

「よくがんばったね~!よく来たね~!!」とムスコを初めてほめてやった。

すると助産師さんたちが
「おかーさんもよくがんばったじゃない!ほんと上手だったよ!!」と
アタシをほめて労ってくれた。嬉しかった。


時計は20時17分を指していた。



++ * ++ * ++ *



産直後、振り返ってみれば「スポーツみたいだったな」というのが正直な感想。
ムスコと一緒に大きな山を走って登って降りてきた感じ?
「気持ちいい汗かいた~!!!」って・・・。


医学的にはお産にかかった時間は3時間54分なんですって。
どこから計っているのかわからないけれど。

でも自分的にいわゆる【陣痛】と戦い始めたのは
19時だったので、、、それから1時間20分後には産んでいたということになる。

すごい。
我ながら超スピードのド安産にびっくりする。

切開も裂傷もなければ、骨盤の痛みもない。
後陣痛だけは痛くてたまらなかったけれど(2人目以降は後腹が痛いのだ)

だけどこれって
家族の存在があったからなんだろうな。
1人目とは違って、産みの苦しみから育てることの喜びを知っているから。
赤ちゃんとワタシの帰りを待っている存在があるから。
一緒にがんばっているムスメがそこにいてくれたから、かもしれない。


いつもなんやかんやムスメ優先で後回しになってしまうオットの存在。
意見がぶつかることもあるし、ケンカもする。
正直、アタシはやさしい妻ではないと思っている。

でも、お産直後、やっぱり『一番最初に会いたい』と思った人。
IMG_9816.jpg

息を切らして病室に駆け込んできてくれたオット。
「おつかれさま。ありがとう。」と涙ぐみながら。

そうしてアタシタチは代わる代わるムスコを抱いて喜びをかみしめた。



++ * ++ * ++ *



最後に。

これからお産を迎えている人に伝えたい。


お産は気持ちいいものですよ!(ほんと)

痛みを避けず、逃れようとせず、受け入れて、受け流す。
赤ちゃんと一緒にその時間を乗り越える喜びと感動。

決して怖がらず、恐れず、目をそむけずに立ち向かっていってください。

命がけで生まれ出てこようとする赤ちゃんに
それは確かに経験したことのない痛みで苦しみだけれど、
パニックにならずしっかり呼吸して、酸素を送ってあげてください。

時間がかかるかもしれない、あっという間に進んでしまうかもしれない
でもそれもみな赤ちゃんの個性であって、赤ちゃんが選んだ生まれ方なんだと思う。

暗くて狭い産道を必死で通り抜けようとする赤ちゃんを
ママの身体すべてを命の道にして、導いてやってくださいね。

がんばって!
そして楽しんで!!



それから、
これは出産中に助産師さんに言われてハッとしたことなんだけれど
「心音をよく聞いて!!」って何度も言われていたけれど
最後の最後に「ほら、赤ちゃんの心音聞けるのこれが最後だよ~!」と励まされた。

アタシ、その一言と最後に聴いたムスコの心音が忘れられない。

そうなんだ、そうなんですよ!
生まれてからは聴くことができないんだよね、あの心音って。
モニターを通して聞こえてくる心臓の音。
小さな赤ちゃんの力強い命のリズム。

ママと一緒に生きている元気な心音。
ワタシは耳を傾けて大事に、大切に、脳に刻みつけた。



以下は出産のその時まで心を落ち着かせてくれた音楽や、考え方の元となったもの。
  
 
MINMIのキセキはとても心癒される曲なので聴いてみてください。





年齢的に体力的にその他もろもろ・・・余裕があったらまた産みたい~


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ
ジャンル:育児

コメント

改めて、ご出産おめでとうございますー!
久しぶりにブログにコメントお邪魔します。

二人目の出産、ワタシも一人目のトキとの違いがありました。
うん、痛みに耐えられるというか、妙に冷静に頑張れるというか。
やっぱり産んだあとの喜びの大きさを知ってるからですかねぇ。

そして同じく、かなりのスピード出産でした(笑)
でもこえださんみたいに、しっかり心音きく余裕がなかったなぁ。
確かに、産まれてきてしまえば、心音聞く機会はないですもんね。

お互い、男の子育児、楽しみましょう!
なにはともあれ、ご出産お疲れ様でした!
はな姫のお姉ちゃんぷりも教えて下さいね◎

Re: ぺいさん

あらためてありがとうございます~!!!
これでおんなじ2児のママですね☆

2人目出産、感動的だったよね。
余裕もあるし、いろいろ知ってるし、安心感というか
悟った感!?もうあきらめに似た感じで陣痛越えられる。

でも生みの苦しみ以上に育ての喜びを知ってるからだよね。

心音、もう聞かれないんだと思うとさみしいよね。
コドモの胸に耳をあてて聞くしかないか~
あの機械的な心音も、つながってる証だったから
いま聞かれないってのはやっぱり寂しいな―――――

感動しました

はじめまして。
こちら古い記事なのでご本人様にコメントが届くかわかりませんが、とても感動し勉強になったので書かせて頂きます。
色んなワードで検索していたら、こちらの記事に辿りつき、拝見させて頂きました。

わたしは現在妊娠3か月です。
妊娠は初めてで、先輩からも「鼻からスイカが出る痛みやで!」と聞いていて、出産の痛みがすごくすごく怖いです。

でもこちらのお話を読ませて頂いたことで、とても気持ちが軽くなりました。
受け入れて、赤ちゃんを夢中で愛していればいいんですね。
こちらで教わった事に気をつけて産みたいと思います。

貴重で感動的なお話を本当にありがとうございました。

Re: 感動しました

お返事が遅くなりまして大変申し訳ありません。
もう古い記事であることと、8月にコメントいただいていてからかなりの時間が経ってあることもあり、あかりさんにお返事が届かないかもしれませんがお礼申し上げます。
その後体調はいかがですか?
妊娠出産はキセキです。
女だけに与えられた喜びです。
正直、痛いものは痛いんです(笑)でも、その痛みを嫌だと思うか喜びに変えるかは自分次第だと思います…ほんとに陣痛は辛いけど(笑)
あかりさんの無事なご出産を心よりお祈りしています♡がんばってくださいね!
いえ、楽しんでください!!
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。