スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳7か月 「こわいもの」

2012.11.03 15:12|はな


ハナ、3歳7か月。

「もうすぐ4歳になるの」が口癖。
いや、まだ実際にはあと半年ありますがねw

本人としては早く4歳になりたい。

もっとおねえさんになりたい。

もう立派なおねえさんになったという自覚も。


ほんと、ソウが生まれてから
どんどんどんどん自立していくし、母性も強くなる。

日増しに成長してゆく身体と心。

コドモって、オトナが思う以上にたくましいんだよね。



毎日のように絵を描いているよ。

これはひと月前に書いた「ぽんさん(こえだの友人)のかお」。
P1001099.jpg

ハナ、なぜかアタシの友人であるぽんさんがお気に入りで
しばしば「ぽんさんに会いたいなー」「あそびたいなー」って言ってる(笑)


似顔絵の上達もすごい。
上の画像はひと月まえだからシンプルな「かお」だけど
今はもっと個別に特色ある似顔絵を描くようになってきた。

オトウトだったりママだったり、家族や友達はもちろん
空想の人物やモノ、コトなんかをよく描いてみせてくれる。



空想といえば・・・



ハナは想像力もすごいようで
ひとつの事柄からいろんなものを連想したり
イメージやストーリーを仕立ててその世界に入り込むところがある。

こないだは
某TV番組で放送していた『へび』を見て
「こわいこわい」と泣きだした。

「テレビをけして!」と泣いて怯え

「だれかそばにきてーーー」
「ババとジジのあいだでねたい。こわいから!」
「いえのでんきつけて!あっちも!ここもー!」と
とにかく泣いて怯えて大変だった。

『電話の子機を飲み込んでしまったへび』という話だったんだけど
それがどうも自分の身にも起こるんじゃないかって思いこんでしまうらしく

家の中にも『へび』がいると思い
家のリモコンや子機がちゃんとあるか調べさせた。

家の隅にいる(と思い込んでいる)『へび』を退治させた。
(実際にはいないけど、いるように思えるらしく
アタシタチはその空想につきあって退治のマネをした)



「こわいこわいこわい・・・」とババに抱きしめてもらうハナ。
kako-dy3i0Ar0h9qC9ryb.jpg

この日は夜もずっとへびの残像が残っていたらしく
何度も何度も「へびいない?」「でてきたらやっつけて?」と
誰彼かまわずすり寄っていたよ。

寝る寸前まで『へび退治の方法』について考えていたし・・・。


ホントに怖かったのね~。
というか、へびはTVで見ただけで実際に彼女がおびえているものは妄想なんだけれど。


ハナの空想力、連想力、想像力、感情移入、その他もろもろ
心の中で発達している部分が多い現在、
怖いものがたくさんあるみたい。

暗闇。

扉の向こう。

静けさ。

暗くて低い音(音楽)。



いろんなものに興味があると同時に
いろんなものを学んで、怖いもの、苦手なもの、
自分にとって不必要なものを知り、選ぶようになってくるんだろうな~。



つづく





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:女の子育児
ジャンル:育児

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。