スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親が子供にしてやれること

少し前の出来事ですが
乳腺炎解消のため助産院へ行った時の話。

気付き(学びと発見)があったので
日記に残しておこうと思います。




助産院から ワタシ と入れ替わりに出てきたのは
妊娠8ヶ月目の妊婦さん。

そのまあるいお腹と穏やかな表情は
これからやってくる小さな家族と
小さな家族が連れてくる大きな幸せを
待ち望んでいるシアワセオーラに満ちていて
ワタシまで幸せな気持ちになったものです。

妊娠中って常に幸せな気持ちに溢れていませんでしたか?

「あ~ワタシもまた妊婦になりたいなぁ」
『あら、素晴らしいわ!』と助産師さん。


そこから妊娠・出産・子育てについて会話が進み
助産師さんといろんなお話しをさせていただくことができたのですが

ワタシ の 
「ワタシがムスメにしてやれることは何なのでしょう」
という問いかけに対し、
助産師さんが返してくれた言葉が忘れられません。

それは

『そりゃー決まってるわよ
身も心も健康に育ててあげることじゃない!』



ワタシ はっとしました


ムスメと向き合っている毎日の生活で
「この子にしてやれることはなんでもしてやりたい。」
「この子の為にできることはなんだ?」と考えていて
答えが見つからないままの時間をすごしてきたのですが・・・



母親が子供にしてやれることは

健康に育ててあげること



何不自由なく、物を与えたり
お金をかけたりすることではなく

愛情をもって接すること。

健康に気を配り、思いやりのある心を持たせること。

当たり前のようで当たり前でなくなってしまってきている
感謝やマナーなどを教えてあげること。

社会規範を身につけさせてあげることだと
助産師さんは仰いました。



ワタシ は勘違いしていたかもしれません。


不況の今、
大きい家に住むことも
自由に買い物や旅行を楽しむこともままならない今、

必死に働いて、子供に楽をさせてやることが一番大切だと思っていました。
そうとしか思えない発想力になってしまっていたようです。

テレビやパソコンを通して見える、他人の生活。
芸能人や有名人に憧れて、それと比べてしまったり
他人のいい部分しか見えない(見えていない)ことを忘れ
もっと、もっと、と上を見続ける現代社会。

あれがほしい、これもほしい
あれがしたい、これもしたい
という欲望にあふれた現代。

それはそれで夢のある素晴らしい世の中なのかもしれないけれど
育児における理想とはちょっと違うのでは?
と、助産師さんは話してくださいました。




もし、仕事が大変でストレスを溜めてまで育児に影響を及ぼしているのなら
母親が必死に働いてまで裕福になることを赤ちゃん(子供)は望んでいない。

次々と玩具を買い与えることや
お金をかけた早期教育が赤ちゃん(子供)を成長させるのではない。

大きな家に住むことが
赤ちゃん(子供)の動き(ハイハイなど運動能力)や自立を早めるのではないし
もちろんそれ(大きな家)は豊かな人生における重要な要素ではない。



と、助産師さんは言いました。




母親が(そして父親が)精神的にゆとりをもって赤ちゃん(子供)に接すること。

愛情をたっぷりそそぎ、声かけをすること。

家が狭くても、お金をかけず公園や児童館の広い場所で遊ばせればいい。

家族が寄り添って暮らすことが精神的安心を与える。

赤ちゃん(子供)にとって会話、対話がなによりも学習になる。

棒切れ一本でも、本来持っている想像力を活かして玩具になる。

他人と比べるのではなく、自分達がどうあるのかということが大切。


物が溢れ、豊かになった現代社会では
忘れ去られているものがたくさんあるのよ、と。



それにね、経済的理由で子作りや大家族を諦める人も多いけれど
それはあとからついてくるもの。

子供は結構たくましく育ってくれるものなのよ、
昔をごらんなさい、と。





助産師さんは母と同じ歳なのですが
女として、母として、そして人生の大先輩。

助産師という仕事柄もあって
“こども”や“こそだて”に対して発言に重みがあり
ワタシがそれまで考えていた悩みの氷が
すっと解けていくような感じがしました。


本当は、もっと素晴らしいお話だったのですが
ワタシのつたない言葉での表現になってしまい
うまく記すことが出来ず、もどかしく思っています。



でも、これだけはわかりました。



母親が子供にしてやれる最大の育児は

身もも健康に育ててあげることだということを。

IMGP0140.jpg

先日の日記に取り上げた一輪のバラ
今日も美しい花姿を見せてくれています。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:子育てについて
ジャンル:育児

コメント

そうですね!

素敵なエピソードをおすそ分けしてくださってありがとうございます。
確かにそうですね・・・。物が溢れて、欲しいものは何でも手に入れることのできる現代、便利になって良いことではあるけれど、その有難みを忘れてしまうことさえあります。
気がつけば自分と周りとを比較してしまい、落ち込んだり・・・。
本当に大事なものが何なのか改めて考えさせられました。私も最近ちょっと悩んでました。

私からすると、こえださんは、常にはなちゃんのことを考え、向き合っている印象です。私も見習わなきゃって思いますもん!
私は1年間の育児休暇中なので、今この時期、悔いの無いよう息子に接していこうと思います。
そして・・・やはり、たくさん語りかけて、愛情を注いでいこうと強く思いました(*^-^*)

Re: ショコラさん

本当に、この話を助産師さんから聞いたときは
ハッとさせられました。
ずっと考えていたことだったので。


> 確かにそうですね・・・。物が溢れて、欲しいものは何でも手に入れることのできる現代、便利になって良いことではあるけれど、その有難みを忘れてしまうことさえあります。

有難いが故に、それに頼りすぎてしまっていたり
自分で考える・知恵を絞る・工夫することをしなくなっているかもしれません。


> 気がつけば自分と周りとを比較してしまい、落ち込んだり・・・。

ワタシもそうです。
結局、自分に自身がもてないんでしょうね、きっと。
だけど、一番大切なのは、自分自身だし
自分達の家族は自分達だけの色があって当然。
比較することなんて必要ないんですよね。



> 私からすると、こえださんは、常にはなちゃんのことを考え、向き合っている印象です。私も見習わなきゃって思いますもん!

ありがとうございます。
でも、そんなんじゃないんです・・・ワタシも毎日暗中模索で
ちょっと頑張りすぎてしまう自分が嫌になることも。
だけど、それもワタシ、なんですよね。


> 私は1年間の育児休暇中なので、今この時期、悔いの無いよう息子に接していこうと思います。
> そして・・・やはり、たくさん語りかけて、愛情を注いでいこうと強く思いました(*^-^*)

ショコラさんとワタシ、同じですね!
ワタシは今後の仕事については、まだいろいろ考えているのですが
今回の助産師さんの話は、とっても参考になったので
ゆっくり考えてみようと思います。

そして、育休中の貴重な時間を我が子のために、そして自分のために
有効活用してゆきたいものですね。
愛情は与えても与えても、減るもんじゃないし(笑)

我が子に嫌がられるほど愛してやりましょう!!!

またまた

ちょっとご無沙汰してる間に
またまたナイス記事☆
ありがとう~。

ほんとに、年の功って言うのか
昔の人ってものすごく頼りになるよね。
あたし、この話とってもよくわかるよ。
妊娠中にね、
生まれてくるゆにっぺのために
何を用意するべきなのかってものすごく
悩んだ時期があったのよね。
最近はさ、昔と違って便利なアイテムがたくさんあるじゃない。
上を見ればきりがないっていうかさ、
スイッチ一つで勝手に揺れるバウンサーとかさ
便利なものはやっぱりそれなりにお値段もアップするわけで
そんなのいちいち買いそろえてたら
貯金いくらあっても足りないだろって話で。
そのことを自分の母親に話した時に
「余計なものは買わんでええ、
昔はそんなん無しでやってたんやから。」
って言われて、なんか目が覚めたっていうか
答えが見つかった気がしたんだよね。
そこで目の前の霧が晴れたね。
必要最小限のものは買わない、って気持ちよく決意できた。
だからベビーベッドもレンタルだったし
うちにはハイ&ローチェアもバウンサーもない。
実際、無しで全く問題なくやってこれたし
無くてもし困るものはその時買えばいいことなんだよね。
大切なのは、気持ちだなと。
不安だから道具とかに頼りたくなるんだけど
でも、
ちゃんと見てやろう
という気持ちさえあれば
ほとんどのものは必要なくて
最小限のものがあればいいんだよね。
ないものを工夫して作ったり
何かで代用したり
そういうことも大切だよね。
便利なものが溢れ
モノを捨てることに抵抗が薄れている今
アタシタチがちゃんと
忘れずに教えてやらなければいけないことがあるよね。

あーなんか
書きたいことがありすぎて
めっちゃ長くなったんで切り上げるけども
思い悩んでたこえだっ子のもやもやが
少しでも晴れたのなら良かった。
心配してたから。

Re: チョコチョ

長~くなってしまい
かつ、下手な文章でうまく伝えられなかったのだけど
ホント、人生のセンパイの放つ言葉は重いよ。
実体験をもとに教えてくれることばかりだもんね。

読んでくれてありがと。


現代はいろんな研究も進んで
育児論も多種多様。育児グッズも無数にある。
だから「それは昔の話でーいまは違うのー!」って思うこともあったりするのだけど
でも根本にあるものは同じ。

『子供に対する心』

それだけなんだよね。
ほんと、それだけ。
それが一番大事。 by大事マンブラザーズ


チョコッチョの産前の話も共感できる。
ワタシも出来る限り買わない派だったんだぁ。
必要なときに必要なものを買えばいいわけで、
まずは心の準備が大切だって思ってた。
(けど、早く生まれちゃって、レンタル間に合わずベッド購入~
めっちゃでかくて邪魔ですわ・・・・・・)

とかいってー
ベビー服は腐りそうなくらい買ってしまうワタシ。
気をつけよう(笑)
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。