スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶくぶく茶のはなし。

2010.02.23 09:36|オデカケ


沖縄思い出日記もいよいよ佳境に入りまして

グルメレポを二話連続で残しておこうと思います。


今回はぶくぶく茶について。

bukubuku_20100221224656.jpg


まず最初に、
ぶくぶく茶の完成図はこれ。

bukubuku5.jpg

もう完全にです、

小人になって、この泡にダイブしたら気持ちよさそうだな~

茶の上にふりかけてあるのは
ピーナッツの粉。

ちょっと甘いです。

粉、そのものが十分美味しいです。

お茶自体には味はありません。
(一応、何種類かのフレーバーはありましたが)



ここは首里にある嘉例山房(かりーさーふぁん)という喫茶店。

目玉である、このぶくぶく茶は自分で泡立てながら飲むのです。




そこで、作り方をご紹介。


1 大きな器に入ったお茶が登場

bukubuku1.jpg


2 器をこするようにあわ立てること2~3分

bukubuku2.jpg


3 こんもりと泡ができました

bukubuku3.jpg

ここでしばらく放置することで、泡が消えずに固まり(残り)ます。


4 泡立てセットとは別に運ばれてきた
プレーンなお茶にのせれば出来上がり!

bukubuku4.jpg


この、謎のお茶・・・
はな が興味を抱いたのはいうまでもありません。

だれよりも先に飲もうとする、食いしん坊隊長


 
どうぞ。

bukubuku6.jpg



おそるおそる、かつ大胆に口をつける。

bukubuku7_convert_20100221224027.jpg



しろひげ隊長の出来上がり(笑)

bukubuku8.jpg

泡だらけになってかゆそう。
でも、この不思議な泡は嫌いじゃないらしく
2度、3度、4度と口づけていました


ぶくぶく茶の歴史は長く、
琉球王朝時代には高貴な人が楽しんでいたお茶で
その後はお祝いの席で飲まれているとか。

詳しくはコチラで(他人任せ・笑)



泡立てながら飲むスローフード(ティー)ぶくぶく茶。

のんびり会話や遊びを楽しみながら飲む
貴族の姿が想像できますね。


bukubuku9.jpg


ウチの貴族(?)も
のんびり遊んでます。

ムスメ よりも
パズルに夢中になってしまった
シュジン。




bukubuku01.jpg

ぶくぶく茶、時間に余裕のある方はぜひ。



前回の日記 はなの沖縄グルメレポ はコチラ 


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:家族でお出かけ
ジャンル:育児

コメント

非公開コメント

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。