スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長してゆく日々2


昨日、はじめて親に託児して外出。

シュジン に託児しての外出はクリアしたのだけど
さすがに家族以外の託児は
まだ泣くかな~と心配していたのだが

なんてことはない、

元気にいい子に遊んでいたとのこと。

泣くこともなく、愚図ることもなく。

いつもより多めに昼寝して
いつもよりテンション高く遊んで。


シュジンへ託児した前回同様、
“泣いて ワタシ の帰宅を喜ぶ感動の再会”
という希望的観測は
みごとに打ち砕かれたのです。


まぁ、こんな託児もいつかは必要だと思って
少しずつ実家や近所のおばあちゃんに
馴染ませておいたのが功を奏したのであろう。


こうやって親離れと子離れが身についてゆくのだろうな~。


なんだか寂しいような気持ちにもなるけれど、


大切な成長過程なんだよね。





昨日はとあるセミナーへ参加。

地元で花卉生産業を営んでいる方たちと
お話しする機会がありました。


とっても小さな観葉植物。

IMG_7045.jpg

寄せ鉢などに使用するものなのですが
一つ一つ小さな器に入れて並べても素敵ですね。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。
ジャンル:育児

コメント

託児

あたしには、預かってくれる肉親が近くにいない。
だから、あたしがいつか ゆにを人手に預ける必要がある時は
肉親以外の人、ということになる。
まだ、必要になったことがないからいいようなものの
いまだに、信じる気持になれないんだ。
それが託児施設であろうが、ベビーシッターであろうが。
これって、子離れ出来てないってことなのかな。
まだ、他人には預けたくない。
親が近くにいない、ということのデメリットはコレと
孫の顔を見せてやれないという親不孝だな。

子離れ親離れ

はなちゃんは人が好きだモンね。

もしかしたら
こえださんの想像以上に早く
外の世界とのつながりを
はなちゃん自身が求めるようになるのかも。

でもそれも
生まれてからずっとはなちゃんを愛してきた
こえぷりんとの絆あってこそだけどね。

こどもって
親っていう絶対的なホームがあってこそ
自由に外へ飛び立っていけるもののような気がします。

親のできることは
そのホームを
いつでも帰ってこれるように
あったかくして守ってやることだけなんだな~。

ワタシもそれだけはと頑張ってます。

今日も、保育園から帰って3時間
家事も一切放棄して
ベタベタ、いちゃいちゃ
もうこれ以上ないよ~ってくらい遊んでた(笑)

Re: ぽんさま

どきっ!

> もしかしたら
> こえださんの想像以上に早く
> 外の世界とのつながりを
> はなちゃん自身が求めるようになるのかも。

その通りかも~。
結構自立するの早いかもしれない。
私自身そうだったから。


> でもそれも
> 生まれてからずっとはなちゃんを愛してきた
> こえぷりんとの絆あってこそだけどね。

なんだ、
ぽんさま、
感動するじゃないですか!
なんでワタシが泣かせられているのだ。コメントで。
そうなのかなー
そうだといいなー


やっぱりぽんさんはすごいよ。
育児のセンパイだけあって、言うことが素晴らしい。

『ホームにいつでも帰ってこられるように暖かく守っておく』

そうか、そうなんだね。
ワタシにできるかしら、これから先もずっと。
いまはまだこんなに可愛いムスメも
いつかは思春期になり、大人になるんだよね。
その時までずっと、そのあともずっと
暖かく守ることができるかな。
できる母になりたいな。

Re: チョコリさま

そうだね、肉親がそばにいないのは大変だよね。
ワタシはそうゆう意味ですごく恵まれた育児をしていると思う。

> まだ、必要になったことがないからいいようなものの
> いまだに、信じる気持になれないんだ。
> それが託児施設であろうが、ベビーシッターであろうが。
> これって、子離れ出来てないってことなのかな。

どうかなー。
子離れ・・・・・まぁまだ必要ないとは思うけど、1歳だし。
子離れとかそういう話ではないようにも思えるけど
預けなくてはならない状況にまだなっていない、というのも
ありがたい環境であることだとは思う。
ワタシは自分の趣味でオットに預けたことはあるけれど
それ以外で免許の更新とか、ちょっとした仕事的なもので
託児を必要としたことがあったのだけれども。

他人に預けることが怖いのかな。
不安なのかな。やっぱり、見えないもんね。
プロとはいえどんな人でどんなことするかもわからないし。

でも遠くの親戚より近くの他人という言葉もあるからなー
時と場合によっちゃ近くの他人が
すんごい頼りになることもあるんだろうね、きっと。

ゆにぺろっちょはいい子だから
「預けて離れたい!」って思うストレスも感じさせないんだろうし
それはとってもありがたいことだね~♪
ちなみにワタシは「もー!どっかに預けたろか!!」って思ったことあるよ(笑)

No title

毎日読ませていただいてますよ。
コメントがご無沙汰になってしまいました。
読んでいると、自分の子育てを振り返ってね、
あまりにむちゃくちゃだったと反省するばかりです。
愛があふれていて感動して、残す言葉が思いつかなくて
コメントできないでいました。

過ぎたことは仕方がないですよね。
これから子どもたちに たくさん愛を注いでやりたいと思います。

Re:クロッカスさん

コメントありがとうございます。

> 読んでいると、自分の子育てを振り返ってね、
> あまりにむちゃくちゃだったと反省するばかりです。

クロッカスさんは優しいんですね。
そして自分に素直で正直なんですね。
そうやって過去の自分を振り返って反省できるって
すごいことだと思います。
お子さんのことを思うからこそ、考えてしまうんではないかしら?
育児に正解はないから、自分は自分の育児でよかったんじゃないかな?
なんて、若輩者の生意気なコメントですみません。気分を害したら。

だけどクロッカスさんみたいに
ちゃんと自分のだめだと思うところに向き合えるって
大切なことだと思います。
ワタシもそうありたい。

No title

ありがとう(涙)
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。