スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにも見えない。

2011.02.23 14:57|いのち


クリニックで流産宣告をされ
ただただ泣くことしかできなかったワタシ。

やり場のない悲しみと悔しさと喪失感を背負ったまま
ワタシは、とぼとぼと、前も見ず、
腕を引かれながら、歩くだけだった。


(前回までのお話 ← BACK)



*  *  *



前回、書いたとおり
この日は新居(マンション)の内覧日。

どんな状況であっても行かなくてはならなかったのです。



正直、そんなのどうでもよかった。



ほんとにどうでもよかった。

とにかく泣いていたかった。




でも、シュジンも辛かったと思う。
片手でムスメを抱き、一方の手でワタシの手を引きながら
ゆっくりとマンションへ向かって歩いた。

ゆっくり、ゆっくり。




*  *  *



はじめて足を踏み入れた、新しい我が家。



真っ白い箱。




なにも置かれていない、シンプルな白い箱は
今のワタシにとって、あまりにも切なすぎた。

IMG_3352.jpg

とにかく寒くて、冷たかった。
身体が芯まで冷えていた。

瞳が曇って、なにも見えなかった。

いや、見ていた、見えていたけれど
なにも感じなかった。




ここで4人、暮らすはずだったのに・・・・。

あたたかい春になったら、
ふっくらしたお腹をなでながら
ムスメとシュジンが戯れるのを眺めるはずだった
南向きのリビング。

描いていた暮らしは、
本当に夢だったのか・・・・・。

なんだったんだろうか、あの喜びは。



そんなことばかり考えていた。




本当に死んでしまったの?




そんなことを考えていた矢先、
ムスメがワタシの隣で歌いだした



「きーらーきーらひーかーるー、おーそーらーの、ほ・しーよー♪」




・・・・。

この子は星になってしまったのだろうか・・・

ムスメにはなにかがわかるの?




ワタシは冷たい床に座ったまま、しばらく灰色の空を眺めていました。



*  *  *



長いこと、そうして空を眺めて泣いていました。



内覧日の今日、
本当なら、持ってきたメジャーで採寸したり
あちこち点検したり、仕事はたくさんあったのに
なにもできなかった。



ワタシ、シュジンに素直に言いました。




「もう家に帰りたい・・・・・・・」



そういって涙を流すワタシを抱きしめ
シュジンは黙々と目の前の作業をしっかりこなしてくれました。

その任務があったことが、
逆によかったのかもしれません、悲しみが強すぎるワタシタチには。



*  *  *



内覧を済ませ、3人で軽く食事。

味もなにもない食事。



でも、食べなくちゃならない。

だってワタシは生きているんだから。



病院を出て泣き崩れるワタシにシュジンが言った言葉。



「こえだが生きていてくれるだけでもありがたいんだ。」



赤ちゃんと一緒に消えてしまいたかったワタシに
そう言ってくれました。

もちろん、
赤ちゃんも一緒に生きていてくれたらどんなに幸せだったか
それはシュジンも承知の上での発言。

最大限の慰めで、励ましで、癒しで、
悲しみに蓋をするため、強がって言ってくれたのでしょう。



だけど、そうなんだ。



ワタシは生きているんだ。
お腹の子のためにも、ちゃんと生きなくちゃならない。
ちゃんと見送ってあげなくちゃならない。



だから、食べました。
お腹は減っていなかったけれど、食べました。



*  *  *



自宅に戻って
なりふりかまわず号泣したのは言うまでもありません。



隣の部屋でムスメはなにを思っていたのか・・・

びっくりしていたと思う。



だけど我慢なんかできなかった。



子供みたいに大声を上げて泣いた。

息ができなくなるくらい泣いた。

泣いても泣いても、どれだけ泣いても
その涙を止めることはできなかった。



「どうしてこんな思いをしなければならないの!」

「どんなに小さな命でも、
ワタシにとっては大切な子供なの!!」




叫びにも似た声をあげて泣きました。

シュジンに抱えられながら。



「泣かないで・・・泣かないで・・・・。」

そう言いながら、シュジンも泣いていました。



「仕方がなかったんだよ。こえだはなにも悪くない。
赤ちゃんはがんばって生きてくれた。
寿命の限り、力を尽くして生きてくれていた。
だから・・・・泣かないで。・・・・・・泣かないで。」




シュジンの言葉はとてもあたたかかった。
思いやりにあふれていました。
ワタシへの、そして赤ちゃんへの愛に溢れていました。

それらの言葉に感謝できるようになったのは
この日から何日後だったろう・・・。



実際、この「流産宣告」から丸2日、
ワタシは一歩も外に出ませんでした。

泣きながら朝を迎え、
昼も夜も涙を流しながら、信じがたいこの現実について考えていました。



引きこもり、立ち上がれなくなったワタシがしていたのは
携帯で流産についての情報を手に入れること。

もうそれしか逃げ道はなかったんです。


どこに吐き出せばいいのかわからない胸の痛み。

どうしたらいいかわからない命への想い。

なにをすれば救われるのか、
どうすればこの暗闇から抜け出せるのか、
なぜ芽生えた命が消えてしまうのか。

そもそも、ワタシの短い妊娠期間ってなんだったの???



狂ったようにいろんなサイトやブログにアクセスし、
この痛みを共感できる人がいるということに涙しました。

それによって
いくばくかの安らぎと、ほんの少しの勇気を分け与えられ、

丸二日かけて
ワタシは冷静さを取り戻していったのだと思います。



※何度も何度もアクセスしていたサイトの一例です※

ベイビーライオン 天使のメッセージ
ポコズママの会「ワタシの流産・死産体験記」
お空の赤ちゃん相談所


某お寺が運営するサイトですが、宗派に関係なく
空へ旅立った赤ちゃんについての考え方を参考に読んでいました。





*  *  *



3日目の朝、月曜日。

ワタシはセカンドオピニオンとして
別の病院に行くことを決意していました。


「泣いていないでしっかり現実と向き合おう。」


そう決めてからは
ずいぶん泣く時間も減ったように記憶しています。


シュジンの手のあたたかさと
ムスメの笑顔に支えられ
「ちゃんと自分で歩こう」って
思えるようになってきていたのかもしれません。



+++今日は2本まとめて投稿するので今回のコメント欄、閉じておきます+++



→ NEXT





にほんブログ村 子育てブログへ 人気ブログランキングへ 女性人気ブログランキングL-Reco



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと
ジャンル:育児

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

こえだ

Author:こえだ
ご訪問ありがとうございます。
一姫二太郎の四人家族。
夫単身赴任のワーキングマザー。
慌ただしく平凡な日々に幸せを見出すのが得意♪
家族・花・写真・旅行・食べることが好き。
フルールアロマデザイナー資格あり。

はな

笑顔のかわいいオンナノコ

そう

春風のようなさわやかダンシ

NEW!

kosodate-style

おねがい

当ブログ内の写真・画像の無断転用はご遠慮ください。

search

Nice♡











archive

01  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。